テストブログ

テストブログ

2018/04/25

日々のはなし

建築のおはなし⑤

今日は久しぶりに私が好きな建築のお話を。




今回は、千葉県のホキ美術館。


こちらの美術館で展示されているのは、写実絵画です。まるで写真としか思えないのに、よくよく見ると実は絵画…!という衝撃の連続。建物に興味を惹かれて訪れたのですが、すっかり展示作品にも見入ってしまいました!







外観はこんな感じ。建物の周りをぐるっとまわるとそのインパクトに驚きます。それでいて、閑静な住宅街の中に静かになじんでしまっているのも驚きでした。













建築については、HPにとても詳しく載っていたので抜粋します。


ホキ美術館は、1対1で写実絵画と向き合える場所を作り、公開したいという、保木館長の純粋な思いから生まれました。昭和の森に隣接した敷地という自然の一部となれる場所を選び、自然光を展示空間へと導き入れることで森の中を散策しながら絵画を鑑賞しているような状態を作りました。また、集められた写実絵画を鑑賞すること、食事をすること、ワインを飲むこと、森、光、自然、環境などあらゆる行為や事象を等価に扱い、再構成し、美術館でありながら美術館以上のものを考えることでもありました。 ホキ美術館のギャラリー計画は、所蔵作品である写実絵画を最適な環境で鑑賞できる空間への模索から始まりました。細密画の繊細さを壊さないように、空間は可能な限りシンプルなものを目指しました。具体的にはプレーンな壁と絵画しか存在しないギャラリーです。大きさの異なる1枚1枚の絵画へ最適な距離を確保すること、壁面の目地、ピクチャーレールやワイヤーを排除し、鑑賞時の視界には目の前の絵画以外、鑑賞の妨げとなるものが入らないように徹底しています。 また、展示照明は世界でも類を見ない全館ほぼLED照明を採用しました。LEDの特徴は長寿命で紫外線を発しないことのほか、特筆すべきは調光しても色温度に変化が無いことです。今回は白色と暖色の2種類の色温度のLED照明を無数に混ぜあわせ、それらを調光することで、作家一人ひとりのアトリエの光環境に近いものを作り出すことができました。また画家の要望によってはハロゲンを使用することも可能です。また器具自体を小型化し、器具単体の存在感を消しました。φ64mmという小さな孔でLED照明の他、空調、排煙なども成立させることで、天井を構成する様々な要素をより抽象的に扱うことが可能となっています。 (HPより抜粋)

館内では建築についての資料も頂けて、それをひとつづつ確認しながら、作品を楽しみながら過ごしていると、一日があっという間です。
館内の写真がとれなかったので、その雰囲気をお伝えできないのが残念ですが、外観だけでもこのインパクトが伝わったら良いなと思います。


もし少しでも興味を持って頂けたら、ぜひ訪れてみて下さい!とても楽しんで頂けると思います!

pagetop

2018/04/23

日々のはなし

歓迎会

先日、新入社員の歓迎会を行いました。




入社から約2週間が過ぎ、少しずつ環境にも慣れてきた頃です。仕事はどう?と聞くときらきらの笑顔で「楽しいです!」と答えてくれる新人さん達。私達も初心を思い出して、自分自身を振り返ることも多い日々です。この日は、社長のお話、各部署のリーダーからのお話、そして新人さん達も一人ずつ今の気持ちを聞かせてくれました。内に秘めた熱い思いを聞くこともできました。






お酒も入って、みんな、わいわいと楽しい時間が過ごせたようです。20歳の4人が加わって、ぐっと平均年齢も下がりました。







そしてこの日は、久しぶりにお誕生日のお祝いも。年明けからバタバタとあっという間に4月が来た!という感覚ですが、その間にお誕生日を迎えていた人が実はたくさん…!誕生日ケーキで、お祝いすることができました。







こちらの師弟コンビも。お誕生日おめでとうございます!







最後に集合写真です。






こんな雰囲気で4月から新しいオフィスインテリアがスタートを切っています!

pagetop

2018/04/21

日々のはなし

本を買いました。

先日、気になっていた本を買いました。


日本を含め、世界各国のホテルの内装・それが生まれたコンセプトなどについて簡潔にまとめられた本です。




デザインホテル・グラフィックス&インテリア /グラフィック社






本屋さんで見かけて、何となく手に取ってみたのですが、あら面白い。


国が違えば色使いもガラッと変わります。もちろん日本の事例も載っています。やはり、ファサード・内装・サイン・ロゴマーク・室内の小物や紙類・食器やコースターに至るまでトータルでデザインされていると、本当にかっこいい。自分にこの気持ちを表現できる語彙が少ないのがもどかしいです…。


中をちらり。










素敵なホテルがたくさん載っています。まずは国内から、気になる所へ行ってみなければ!


もし本屋さんで見かけられたら、ぜひ手に取って見て下さい。見ているだけで、何だかわくわくします!どこか旅に出たくなります!

pagetop
オフィスインテリア