テストブログ

テストブログ

2018/01/31

日々のはなし

建築のおはなし②

豊島美術館に続いて、私の好きな建築のおはなし。


ふたつめは、岐阜県多治見市モザイクタイルミュージアムです。


http://www.mosaictile-museum.jp/




■多治見市モザイクタイルミュージアム


施釉磁器モザイクタイル発祥の地にして、全国一の生産量を誇る多治見市笠原町に誕生したモザイクタイルミュージアムは、タイルについての情報が何でも揃い、新たな可能性を生み出すミュージアムです。
設計は、独創的な建築で世界的な評価の高い建築家、藤森照信氏。タイルの原料を掘り出す「粘土山」を思わせる外観は、地場産業のシンボルとして、なつかしいのに新鮮な、不思議な印象を与えます。
タイルは、単調な壁や床を彩り、楽しい景色を創り出すことで、ひとやまちを元気にします。
その魅力を知っていただくために、膨大なタイルのコレクションを基盤に、この地域で培われてきたタイルの情報や知識、技術を発信。さらに、訪れた方々がタイルの楽しさに触れ、タイルを介して交流して、モザイクタイルのように大きな新しい絵を描いていける、そんなミュージアムを目指します。(HPより抜粋)





こちらが外観。


遠目から外観が見えただけで思わずわくわく!!












藤森氏設計の建物は、まるでジブリの世界の中にでも迷い込んだかのような気持ちにさせてくれます。


「建築物を構成する素材の中で最も根源的なものは何か」という問いに、「土」とおっしゃっている藤森氏。


こちらのミュージアムで展示されているタイルもまた、原点は「土」。


外壁は、そんな「土」を思い起こさせるような仕上げで、よーく見るとそこにはタイルがたくさん埋まっています。そこに点在する小窓は思わず覗きこみたくなります。






エントランスへの扉は、このいびつな、何とも小さくてかわいらしい形が建物の外観のアクセントのようにも感じます。


あ、庇にもタイルが!







建物内部は、いたるところにタイル。


あちらにもこちらにもタイル。足元にもタイル。階数表示にもタイル。


かわいくてたまらない…!!







薄暗い階段は、屋上からの自然光がとても印象的です。


登り切った先には一体どんな景色があるのだろうと、惹きつけらていきます。







館内の写真はほとんどないのですが…、こちらは4Fの屋上展示スペースをHPより抜粋。







日本で流通しているタイルのほとんどが、この多治見市笠原町で作られているとのこと。


その歴史やたくさんのタイルが館内にはたくさん展示されています。


最後には体験コーナーもありますよ!




実はこの日、閉館時間に追われながら駆け足で回ることになってしまったのが残念です…


2016年6月オープンのこちらのミュージアム。オープン当初に訪れたので、また機会を見つけて今度はゆっくりと行きたいなと思っています。


その頃には、建物の輪郭を覆うようにちょこちょこと生えていた植物も大きくなって、また違った表情に出会えそうです!!

pagetop

2018/01/29

仕事のはなし

木製会議テーブルを製作

先日、ホームページ制作会社様の事務所移転工事をさせて頂き、無事お引渡ししてまいりました。


移転工事にあたって、一部家具も新しく入れ替えたのですが、そのひとつが木製の会議テーブルです。


今回このテーブルは既製品ではなく、お施主様のご希望のイメージにそって製作しました。そのテーブルの製作過程について、ご紹介したいと思います。




こちらの会社様は当初からカジュアルな雰囲気をご要望されていて、カフェスタイルの内装計画が進んでいったのですが、そこに合う大きな会議テーブルがなかなか見つかりませんでした。オフィス家具として既製品を探すとなかなか見つからず、「だったら作りましょうか!」ということで、特注で製作することになりました。




まずは天板。カジュアルな雰囲気に合わせて、今回は無垢材ではなく集成材を選定。その中でも少し緑がかった色味が特徴なポプラ材に決まりました。







ただ、このまま使用すると天板に汚れが付いたり、シミになったりしてしまうので、塗装を施します。お客様のご要望にあった色に調整して染色をしていくのですが、実際にイメージの色味に近づけるために何度か染色し、余分な塗料をウエスで拭くという作業を行います。






その後、厚い塗膜をつくるために【サンディングシーラー+やすり】の工程を何度か行い、薄い層を3層ほど重ねます。


そして最終仕上げとして、ウレタンクリアを施します。






こちらで天板が完成!最後に脚をつけてテーブルの出来上がりです。


ちなみに脚も特注。とてもシンプルなアイアンの脚を製作しました。













テーブル1つ作るにもたくさんの工程があり、職人さんの細かい技術と地道な作業には本当にいつもいつも感心させられます。


私たちも内装屋として、こういった職人さん達の技術を理解してもらるようなお話を、みなさまに少しでもお伝えできたらと思っています!




弊社では、内装工事のご予定がなくても家具だけの納品等もさせて頂いております。


もちろん各メーカーさんのオフィスチェアやデスク、会議テーブルもご対応させて頂きます。またあるいは、今回のように “こだわりの会議テーブルをつくりたい!!” といった時にも、ぜひオフィスインテリアにお声掛け頂ければと思います!

pagetop

2018/01/24

日々のはなし

インフル注意報

恐れていたあの子。今流行りのインフルエンザ。


とうとう身近でも流行ってきました…。




今さらながらですが、社長の一声によってみんな急いで予防接種行きました。
遅過ぎだよ、と先生に呆れられる始末… (だって、ワクチンが不足してませんでしたっけ…?)


とは言え、インフルエンザワクチンは接種後2週目から抗体が上昇し始めて1ヵ月で ピークに達し、その効果は約5 ヵ月間持続するとのこと。


抗体ができるまでは、自力で元気に過ごさないといけませんね。


そして油断禁物。予防接種をしたからと言って、かからない訳ではないですもんね。




寒さも一層厳しい時期ですが、しっかり体を動かして免疫力を上げて、体調管理に努めましょう!!

pagetop
オフィスインテリア